2014年10月16日

育児放棄されたライオンの赤ちゃんが

ポーランド・Wojciechow
小さな動物園でライオンの赤ちゃんが誕生しました。

しかし、母親はわが子に興味を示さず育児放棄、
父親もそばに来たものの、1度だけ舐めそのまま去ってしまったそうです。

10-16-2.jpg
動物園オーナーのZerdzickiさんが赤ちゃんライオンを抱き上げると
母ライオンがやってきてZerdzickiさんを軽くタップ、まるで“この子をよろしくね”
と言っているかの様だったそうです。

赤ちゃんライオンはParysと名付けられ、Zerdzickiさんの愛犬Carmenのもとへ
実はCarmenは数日前に5匹の赤ちゃんを産んだばかり。

10-16-1.jpg
Carmenは最初驚いていた様子だったが、やがてわが子同様にParysを
扱うようになったそうです。

10-16-3.jpg
現在Parysは犬の兄弟達と共に暮らしているそうです。
※CONYAC TIMESより

スクスクと健康に育って欲しいですね。


↓ブログランキングに参加しています。

犬バナーをポチっとして頂けますとうれしいです犬

にほんブログ村

PI Logo fb.png

オーストラリア産ペットフードショップるんるん

ic-facebook.png

Facebookも宜しくお願いします。るんるん




posted by Staff A at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。