2014年04月03日

マイクロチップのおかげで

オクラホマ州
2012年1月Whitton家の愛犬Speedy君は行方不明に。
4-3-2.jpg
Whittonさん夫妻はありとあらゆる手を使ってSpeedy君を
探したのですが残念ながら見つかる事は有りませんでした。

それから2年以上が経った2014年の3月
オクラホマ大学の敷地内で生徒が1匹の迷い犬を保護
動物救護センターへ

迷い犬のマイクロチップをスキャンしてみると!
4-3-1.jpg
それはSpeedy君だったのです。

4-3-3.jpg
Whitton家との感動の再会を果たしたSpeedy君は幸せな生活を送っているそうです。

発見時、Speedy君の首輪には狂犬病の予防接種タグが付いていた為に
誰かに拾われ、2年間きちんとした環境で生活をしていたのではと。
※Worldnowより

感動の再会ですね!
マイクロチップありがとう!


↓ブログランキングに参加しています。

犬バナーをポチっとして頂けますとうれしいです犬

にほんブログ村

PI Logo fb.png

オーストラリア産ペットフードショップるんるん

ic-facebook.png

Facebookも宜しくお願いします。るんるん






posted by Staff A at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。