2013年11月01日

街で売られていた犬の正体

カナダ、Saskatchewan,
Rerinaという街の道端で1匹の犬が売られていました。
犬を売っていたのは3人の少女達。 

そこを通りがかったChernoff夫妻が少女達に犬についていくつか質問をしたそうです。
ところが少女達は犬について良くわかっておらず、名前すら知りませんでした。
不審に思ったChernoff夫人は少女達から$20で犬を飼い取ったそうです。 

夫人は自宅に帰ると直ぐにパソコンを立ち上げ、地元の迷子犬コーナーへ投稿。
内容は“今日、町で犬を少女達から買った事、もしかしたら迷子犬か盗まれたのではないかと言う事、
もし本当の家族が見つかった場合はちゃんとお返しすると言う事“でした。 

11-1.jpg
※写真はKijijiより

より
それから、その記事をみた人々からのたくさんの協力を得る事が出来ました。
地元の動物愛護協会のデータでは、やはりその犬は盗まれていたとの事だったのです。
そして、犬は無事に家族元に帰る事が出来たそうです。 

本当の家族は勿論、とても喜びましたがChernoff夫婦もハッピーエンドに喜び、
そして何よりも人々の暖かい協力にとても感謝したそうです。
CBCnews.caより 

夫人の鋭い勘と素早い行動に頭が下がります。
そして多くの人達の協力!
すばらしいですね。

↓ブログランキングに参加しています。

バナーをポチっとして頂けますとうれしいです犬


にほんブログ村

PI Logo fb.png

オーストラリア産ペットフードショップるんるん

ic-facebook.png

Facebookも宜しくお願いします。るんるん



posted by Staff A at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。