2013年08月22日

ボランティアの協力で5年ぶりの再会

2008年、シカゴ近くに住んでいたKoczanさん宅から
当時3歳の愛犬Sashaは突然、姿を消してしまいました。

そして5年経った今月、Sashaはアリゾナ州・Phoenixの動物保護施設で
見つかり
マイクロチップ情報によってKoczanさんへ連絡が来たのです。 

8-22-2.jpg
ところが施設曰く、預かりの期限はあと数日しかないと。
Koczanさんは直ぐに、友人たちとFacenbookなどで周囲に助けを求めました。 
その結果、Koczanさんが現在住んでいるインディアナ州までの約2,400kmという距離を、
なんと26人のボランティア達が協力して運んでくれる事になったのです。

そして約2週間後、2人は再開することが出来ました。
 
Koczanさんは“5年間、Sashaの事を忘れたことは一度も有りませんでした。”
”写真を見ていつも彼女の事を心配していました。”
だって大事な家族だから“と
8-22.jpg
news.com.auより
 

ボランティアの方々、本当にありがとうございました。
ひとりひとりの気持ちがとても大事だと思います。
Sasha良かったね!

↓ランキングに参加しています。
バナーをポチっとして頂けますとうれしいです犬
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
PI Logo fb.png
オーストラリア産ペットフードショップ
ic-facebook.png
Facebook
も宜しくお願いします。


posted by Staff A at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。